中学生・高校生におすすめの本

「本なんて」という読書嫌いな中高生から、
「本が好き」だけど、読書から遠ざかっている中高生・大人
までを対象に、読書のキッカケがつくれるような、
読みやすくかつおもしろい本を紹介していきます。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | -
    ベートーヴェンの交響曲
    0
      評価:
      金 聖響,玉木 正之
      講談社
      ¥ 821
      (2007-11-16)
      コメント:スポーツライターの玉木氏と、気鋭の指揮者金聖響氏によるベートーヴェンの交響曲全曲の魅力を解説した本。ほぼ9割が金氏の「語り」であるが、堅苦しい話は一切なく、読み終わった後にベートーヴェンの交響曲が聴きたくなるようなおもしろい内容。こんな授業を学校で受けたら、もっとクラシックを聴く人も増えると思うのだが…。

      JUGEMテーマ:読書
      ちょっと私の趣味に偏った本なので、ブログのテーマからは外れるかもしれないが、ぜひおすすめしたい本なので追加した。簡単にまとめると、学校の音楽のような堅苦しい話は抜きにして、ベートーヴェンの交響曲全曲9曲の魅力やおもしろさを金聖響という気鋭の指揮者が語った本である。ベートーヴェンのエピソードや歴史背景、曲の構造、昔と今の演奏形式の違い、などとにかく多方面に話が脱線して冗談も交えながら語られる。「指揮者ってこんなことまで考えているのか〜」と目からうろこが落ちるような話ばかりで、読み終わった後に実際にベートーヴェンの交響曲が聴きたくなるような内容だ。

      このシリーズは今のところ3冊出ていて、ベートーヴェンの他に『ロマン派の交響曲』『マーラーの交響曲』(いずれも講談社現代新書)があるが、『ロマン派〜』の中にこのような一節がある。
       
      ほんとうに素晴らしい作品、新しい時代を切り開いた作品、その次代での最新の音楽が、今日まで演奏され続けているんでしょうね。ほんとうに新しいといえる音楽、後世にまで残る素晴らしい音楽というのは、ポップ・ミュージックのように、そうそう大量に次々と生み出せるものではありません。まあ、次々と生み出される現代のポップ・ミュージックもほんとうに新しい音楽といえるものはごく少数というか、ほとんど存在しないんじゃないかな・・・・・・。

      クラシック音楽というととにかく敬遠されがちだが、何百年も繰り返し演奏されてきているので「ほんとうに素晴らしい作品、新しい時代を切り開いた作品」に違いないはずだし、そう考えるとこれを聴かないのはあまりにももったいないと思う。ましてや、クラシックCDがとても安く手に入る(ベートーヴェンの交響曲全集でも、1000〜2000円台から)時代であるし、生の演奏会も頻繁に開かれている。クラシックの入門書と呼ばれる本はいろいろあるにはあるが、大体が平板は曲の解説に終止しているので、そういうものよりは、この本のような演奏家のリアルな話を聴いたほうが興味深いのではないかと思った。
      | いどっち | (ノンフィクション)高校2・3年 | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0)
      17歳のための世界と日本の見方―セイゴオ先生の人間文化講義
      0
        評価:
        松岡 正剛
        春秋社
        ¥ 1,785
        (2006-12)
        コメント:松岡正剛氏は編集工学研究所所長で、この本は帝塚山大学での6年間の講義をもとに書かれた、日本と世界の文化の関係を独自の「編集」という観点で考察した本。高校で習う日本史・世界史と合わせて、ぜひ読んでほしい!内容です。事象の羅列である歴史が生き生きとした関係をもってつながります。

        JUGEMテーマ:学問・学校
        松岡正剛がいう「編集」とは、「新しい関係性を発見していく」ということ。だから、本や雑誌だけを「編集」というのではなく、料理をすることも「編集」、 研究開発をすることも「編集」となる。

        世の中には、生物学とか天文学、ファッション、音楽、などがバラバラに存在しているが、それらの間をつなげてあたらしい関係を発見するのが「編集工学」というらしい。

        この考え方は非常におもしろい。確かに科学が誕生してから我々はとにかく細かく分野を分けて、整理して物事を考えてきたが、バラバラにしすぎて、本来あったはずの関係が忘れ去られていると思う。

        歴史の授業は「世界史」と「日本史」に別れ、「世界史」はさらに「西洋史」と「東洋史」にわかれ、さらに「中国史」もあり・・・。本来であれば、「人間とその文化の歴史」であるはずなのに、それぞれが別物のような感じさえする。

        この本は、身近なことと世界の宗教や日本の神話がつながったり、日本とヨーロッパが思わぬところでつながったり、とにかく読んでいて、「そういう見方があるのか!」と相づちを打ちたくなるところが多い。高校生くらいの下地がないと読めないかもしれないが、つまらない教科書や授業に飽きている学生に、歴史や文化のおもしろさ・魅力を伝える本として、ぜひ薦めたい。
        | いどっち | (ノンフィクション)高校2・3年 | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0)
        夏から夏へ
        0
          評価:
          佐藤 多佳子
          集英社
          ¥ 1,575
          (2008-07)

          JUGEMテーマ:読書
          『一瞬の風になれ』の著者が、朝原宣治をはじめとする日本オリンピックリレーメンバーを取材したノンフィクション小説。

          北京オリンピックで、日本男子400メートルリレーメンバーが銅メダルを獲得したことは記憶に新しいが、この本ではそのメンバーである塚原直樹・末次慎吾・高平慎士・朝原宣治の性格や思考、特性、陸上歴までが本人の言を交えて詳しく紹介されている。

          陸上に対する真摯な姿勢や、リレーメンバー同士が互いに尊敬し、向上していこうとする様子がよくわかり、とても感動的だった。

          陸上に興味がなくても、野球やサッカーなどのようにまだまだメジャーなスポーツでない陸上競技を、彼らがどのようにして続けているのか、彼らの取り組みや姿勢から学ぶべきことは多いと思う。
          | いどっち | (ノンフィクション)高校2・3年 | 14:42 | comments(1) | trackbacks(1)
          調理場という戦場―「コート・ドール」斉須政雄の仕事論
          0
            調理場という戦場―「コート・ドール」斉須政雄の仕事論
            調理場という戦場―「コート・ドール」斉須政雄の仕事論
            斉須 政雄

            夢を実現するために23歳で単身フランスに渡った著者が、さまざまな一流レストランに飛び込んで、思いっきりぶつかり合う中で体感・実感・経験したことをもとに、主に若い人たちに向けて熱く語った人生論。

             フランスに行った日本人の中には、人種差別を受けたという人もいますね。確かに、断片的にそういう場面は見ましたが、自分がそういう扱いを受けたことはありません。
             実力が違えば平等でないということは、当たり前でしょう?何かを宿している人の仕事に対して、何も宿していない人が口出しできるはずがない。それはまっとうなことだと思います。
             それは、差別ではありません。
             一生懸命仕事をしている人には、一生懸命な人の言葉しか通じないのです。(P77〜78)
            ハングリーな部分は、今でも絶対に必要だと考えています。
             負荷を絶えず負っている。これができなければいる意味がない。そう思っていなければ、人はすぐに「まぁ、こんなもんか」と感じてしまうのではないでしょうか。
             若い人であっても意識のブヨブヨしたいやらしいところを持っている人がいますから、それを見かけた場合には、ぼくは、徹底的にやっつけますね。年齢が若いからとか経験が少ないからということで、情をかける気はないのです。
             ぼくが怒るのは、精神的な姿勢のことだから。
             (中略)
             どんなに相手に泣かれたって、「これは、親切なんだ」とぼくは言います。本心からそう思う。ぼくにお金を払ったっていいぐらいな親切なことです。笑って軽蔑して無言で済ますことを、ぼくはしません。
            「自分の感情の高ぶったぶざまな姿を皆にさらして、でかい声を出しているのだから、思いやりだ」
             そう言います。怒られている人より、怒る人のほうがずっと悲しい。(P78〜79)

             長々と引用しましたが、このような本当に一生懸命生きてきた人にしか使えない、切れば血の出るようなことばばかりです。料理人にとどまらず、仕事をしている人や何かに一生懸命になっている人、挫折したことがある人などあらゆる人の心に響くのではないかと思っています。

             こういうことばを読むと、なぜか目頭が熱くなります。
            | いどっち | (ノンフィクション)高校2・3年 | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0)
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            2930     
            << September 2019 >>

            このページの先頭へ