中学生・高校生におすすめの本

「本なんて」という読書嫌いな中高生から、
「本が好き」だけど、読書から遠ざかっている中高生・大人
までを対象に、読書のキッカケがつくれるような、
読みやすくかつおもしろい本を紹介していきます。
<< 図書館の存在意義 | main | 居候はじめました。 (オゾン) >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | -
    本の読み方。 (オゾン)
    0
      オゾン流、本の読み方について書きたいと思います。

      私は、現代社会を舞台にした短編小説をいくつも続けて読むのが好きです。
      レクチャー本、ハウツー本も好きです。
      図鑑や専門書も好きです。
      ノンフィクション、エッセイも読みます。
      童話、絵本、詩、大好物です。
      長編ファンタジーは。。。徹夜の原因になるのでキライです。笑

      基本的に雑食です。
      どんな本でも、読めばかならず、その人の糧となります。
      大切なことは、読んだ本の内容を忘れないようにすることです。
      でも。しっかり一字一句間違えずに覚えなくても構いません。
      内容やあらすじを言われたとき、「ああ、あれか」と思う程度で充分です。
      その代わり、タイトルや作者は覚える必要ありません。
      たくさん本を読んで好きなジャンルや文体が見つかると、
      いつのまにかその特定の作者の本ばかり読むようになるからです。笑。


      本にはいろんなジャンルと文体と、読む目的があります。
      その本に合わせた読み方をすれば、活字の世界はもっと楽しくなるはずです。

      たとえば、
      じっくり腰を据えて読むのに向くのは長編ファンタジーなどの小説もの。

      逆に情報をサッと手に入れたい場合や、宿題などで読まなきゃいけない場合のある
      新聞、雑誌、専門書を読むときは「ななめ読み」をおすすめします。
      やりかたは簡単。
      縦書きの本ならページの右上から左下へ、視線をななめに走らせるようにします。
      文章は読まず、漢字熟語を拾っていきます。
      拾った熟語のうち、必要のある語や興味のある語の周辺だけを読めば、
      欲しい情報だけが素早く得られます。
      また、そのときはいらない熟語でも書いてあった位置やページを覚えておくと、
      後々に必要になったときに便利です。

      詩、短い童話、絵本は気分転換にぴったりです。
      机の上、枕元、文庫ならバッグの中や洗面所など、
      いろんなところに置いて、たまに適当にパッと開いて読むんです。
      本って不思議なもので、読む場所や時間帯やそのときの気分によって、
      持つ感想が全然違ってくるんです。
      そういう自分の変化を楽しめるのも、本の良いところです。

      文体が好きで何度も読んだ小説、図鑑、雑誌、ややこしくない専門書は、
      長い考え事をするときの良いパートナーになってくれます。
      何か悩みがあるとき、たとえば恋愛に悩んでるとしたら、
      いちばんお気に入りの恋愛小説をひっぱりだしてきて、
      好きな人のことを考えながら読みはじめます。
      読むことより考え事のほうが頭の中を占めてきたり、
      読んでる途中で悩みが解決しそうになったら、
      本を読むのをやめてしまえばいいのです。

      これらは、私の好きな読み方のうちのほんの一例です。
      皆さんも、自分の好きな読み方を是非見つけてください。

      | いどっち | 読書指導について | 23:12 | comments(1) | trackbacks(0)
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 23:12 | - | -
        自分の好きな本の読み方…、とは今まであまり考えたことがなかったなあ。

        僕はあまり、お気に入りの本を何度も読んだり、本に合わせた読み方をしたり、ということはないです。

        すごく大まかにいうと、「必要に迫られて」読んでいることが多い。

        子どもに薦める本を探すとか、教材に使えそうな本を探すとか、資料を探すとか…

        ま、半分は自分の趣味も入るので、楽しんでいるといえばいるのですが、学生のときはオゾンさんのように自由に本が読めるといいなと思います。

        オゾンさんは詩人ですから笑、なかなかこの域まで到達するのは難しいと思いますが(^^;)

        あと、学生時代にこういった本に関する知識や情報を友達と共有できるとなおいいと思いますね。
        | いどっち | 2007/10/14 12:04 PM |










        http://osusumebon.jugem.jp/trackback/36
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << September 2019 >>

        このページの先頭へ