中学生・高校生におすすめの本

「本なんて」という読書嫌いな中高生から、
「本が好き」だけど、読書から遠ざかっている中高生・大人
までを対象に、読書のキッカケがつくれるような、
読みやすくかつおもしろい本を紹介していきます。
<< ぼくは勉強ができない | main |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | -
    ベートーヴェンの交響曲
    0
      評価:
      金 聖響,玉木 正之
      講談社
      ¥ 821
      (2007-11-16)
      コメント:スポーツライターの玉木氏と、気鋭の指揮者金聖響氏によるベートーヴェンの交響曲全曲の魅力を解説した本。ほぼ9割が金氏の「語り」であるが、堅苦しい話は一切なく、読み終わった後にベートーヴェンの交響曲が聴きたくなるようなおもしろい内容。こんな授業を学校で受けたら、もっとクラシックを聴く人も増えると思うのだが…。

      JUGEMテーマ:読書
      ちょっと私の趣味に偏った本なので、ブログのテーマからは外れるかもしれないが、ぜひおすすめしたい本なので追加した。簡単にまとめると、学校の音楽のような堅苦しい話は抜きにして、ベートーヴェンの交響曲全曲9曲の魅力やおもしろさを金聖響という気鋭の指揮者が語った本である。ベートーヴェンのエピソードや歴史背景、曲の構造、昔と今の演奏形式の違い、などとにかく多方面に話が脱線して冗談も交えながら語られる。「指揮者ってこんなことまで考えているのか〜」と目からうろこが落ちるような話ばかりで、読み終わった後に実際にベートーヴェンの交響曲が聴きたくなるような内容だ。

      このシリーズは今のところ3冊出ていて、ベートーヴェンの他に『ロマン派の交響曲』『マーラーの交響曲』(いずれも講談社現代新書)があるが、『ロマン派〜』の中にこのような一節がある。
       
      ほんとうに素晴らしい作品、新しい時代を切り開いた作品、その次代での最新の音楽が、今日まで演奏され続けているんでしょうね。ほんとうに新しいといえる音楽、後世にまで残る素晴らしい音楽というのは、ポップ・ミュージックのように、そうそう大量に次々と生み出せるものではありません。まあ、次々と生み出される現代のポップ・ミュージックもほんとうに新しい音楽といえるものはごく少数というか、ほとんど存在しないんじゃないかな・・・・・・。

      クラシック音楽というととにかく敬遠されがちだが、何百年も繰り返し演奏されてきているので「ほんとうに素晴らしい作品、新しい時代を切り開いた作品」に違いないはずだし、そう考えるとこれを聴かないのはあまりにももったいないと思う。ましてや、クラシックCDがとても安く手に入る(ベートーヴェンの交響曲全集でも、1000〜2000円台から)時代であるし、生の演奏会も頻繁に開かれている。クラシックの入門書と呼ばれる本はいろいろあるにはあるが、大体が平板は曲の解説に終止しているので、そういうものよりは、この本のような演奏家のリアルな話を聴いたほうが興味深いのではないかと思った。
      | いどっち | (ノンフィクション)高校2・3年 | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0)
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 08:15 | - | -









        http://osusumebon.jugem.jp/trackback/65
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << September 2019 >>

        このページの先頭へ