中学生・高校生におすすめの本

「本なんて」という読書嫌いな中高生から、
「本が好き」だけど、読書から遠ざかっている中高生・大人
までを対象に、読書のキッカケがつくれるような、
読みやすくかつおもしろい本を紹介していきます。
<< きのう、火星に行った。 | main | ぼくは勉強ができない >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | -
    ぎぶそん
    0
      ぎぶそん
      ぎぶそん
      伊藤 たかみ

      有名なエレキギターのメーカーをタイトルにしたことからわかるように、中学生によるバンド結成〜文化祭でのライブを描いた青春小説。時代設定は昭和から平成に移る時。今となっては古い時代のように思えるが、そんなことを感じさせない何度読んでも楽しい作品だ。

      この小説は、「ガンズ・アンド・ローゼズ」に夢中になったリーダーの「ガク」が、バンドメンバーを募るところから始まる。ギターの上手いと噂の「かける」は、いわゆる「部落」に住んでおり問題児としても有名だった。そんな彼をガクが「音楽をやりたい!」純粋な動機から勧誘する。かけるの家は父親、母親はおらず、言葉がはっきりしない祖父しかいない。通常であれば敬遠されがちなところだが、ガクは持ち前のまっすぐさでしつこくかけるを勧誘する。

      そんなガクに魅力を感じ、かけるはバンドへの参加をOKするが、マロと上手くいかないことで喧嘩をしたり、仲直りしながら練習をしていく。そして、文化祭前の練習でバラバラだった演奏が一つになるきっかけを掴む。

      この小説が魅力的なのは、ガクを中心としたメンバーの普段の会話、関係性、やりとりがリアルでとても自然であるということだ。大人が読めば、くだらないことに夢中になった学生のことを思い出すし、同時代の学生が読めばまさに共感できるだろう。しかも、その中に淡い恋愛感情も入ったり、衝突もしたり、「部落」とか社会の矛盾に対して彼らなりに考えたりもする。全体的にとてもポップで読みやすい文体でありながら、さり気なく大事なことに気づかせてくれる、とても優れた小説だと思う。
      | いどっち | (小説)中学1・2年 | 16:27 | comments(0) | trackbacks(0)
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 16:27 | - | -









        http://osusumebon.jugem.jp/trackback/7
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << September 2019 >>

        このページの先頭へ